ベトナム人の採用を考えている企業は人材の重要性を知ろう

人材

ベトナム人の派遣に関すること

最近、世界的に需要が増している人材があります。それがベトナム人です。これはまず理由としてあるのが、ベトナム自体が経済発展をしているからです。ですから、そこにいる人たちを非常によく活用しようとしているわけです。まず、ふたつのパターンがあります。
それはベトナム国内で事業をする場合です。この場合、当然、当地の人を雇うわけですが、これがなかなか判断が難しいことになります。ですから、実はベトナムにもある派遣業者に依頼をして、人材を確保している、というところが増えています。そうしたところであれば安心できる人材を確保できるようになっています。後は日本でベトナム人を使う場合です。これも可能になっています。
人材派遣の中にはベトナム人に特化している人材派遣があります。或いはそれは実習生として入ってくることもありますが、とにかく一種の労働力として期待できるようになっていることは確かであるといえますから、これがとても需要を増しているのです。ですから、ベトナム人を活用することが今では企業では多くなっているわけです。まずは何より安い、ということがあります。そして、勤勉でもありますから人気がある、ということになっています。

ベトナム人の派遣とは

最近では外国人労働者を受け入れるところが増えています。そうすることによって、少しでも賃金を抑えたいと考えているわけです。実際、ベトナム人はかなり安く使うことがてぎます。しかし、安いから良い、というわけではなく、その上でキチンと働いてくれるというのが大事になります。
そうした意味では非常にベトナム人は優秀であるといえます。勤勉性が強く出ている国民性でもありますし、十分に日本人に近い性質があります。そうしたことから日本企業でベトナム人が意外と人気になっているのです。しかし、どうやってベトナム人を採用するのか、ということになりますがまず基本は派遣会社などを通して、ということになります。
状況によっては実習生という形になっていることもありますが、とにかく労働力として使うことができるようになっています。そうしたところが人気になっているベトナム人の派遣人材ですが、これでもずっと雇っていることができるわけではありませんから、これは注意しておきましょう。あくまで重要になりますのは派遣という形の雇用はあくまで一時的な人材の補給ということになっているのです。ですから、ベトナム人の人材派遣も年数に期限があるのです。

ますます増えるベトナム人の人材派遣

今、日本では人材としてベトナム人が期待されています。少子高齢化により日本の人材不足は深刻になっています。以前は中国人が日本に出稼ぎに来ていましたが、今では日本に出稼ぎに来る必要もなくなりました。そのため日本では、中国人以外の外国人労働者が必要とされています。
ベトナム人にとっては国内で働くよりも10倍以上の賃金を獲得できる日本で働く事は大きなメリットがあります。日本に出稼ぎを望むベトナム人は増加しています。そのためベトナムには人材派遣ビジネスを行う企業が100社以上あると言われています。
工業地帯や農村地帯では人材不足が深刻になってい、て、ベトナム人の人材を雇用できることは非常にありがたいことなのです。IT業界でもベトナム人のエンジニアは年々増えてきているようです。IT企業の場合ですと、日本には来ないでベトナムにいながらリモートワークで日本の企業の仕事をしている人もいるようです。
震災やオリンピック招致で建設業の需要はどんどん増えていますが、人材は不足しています。そのため建設業でもベトナム人の人材は大変重宝されているようです。このようにベトナム人の人材派遣や紹介は日本とベトナムの双方にとって大きなメリットがあります。まだ、日本企業とベトナム人の人材をつなぐ仕組みが整っていませんが、今後もますます増えていくでしょう。

UPDATE POST

PICK UP

TOP